好きなことをどんなに探しても見つからない本当の理由

ずっと探しているけれど好きなことが見つからない人も

もう見つかっている人も

こんにちは、ともしびクリエイターの春樹です。

「好きなことで生きていく」って最近youtubeなんかで言われていますよね。

これ僕は個人的には賛成でいい流れだと思っているんですが、

一方で好きなことが見つからなくて、あるいは無理に探そうとして焦って追い詰められている人も多いんじゃないかなって思います。

僕がそうでしたからね笑

好きなことの探し方みたいな記事はうんざりするくらい読んだかと思いますし、実際それで見つかったかというと微妙なのでこの記事にやってきたという人も多いと思います。

なので今回は自分が好きなことがなかなか見つからないって悩んで、自分を追い詰めちゃっている人にハウツーではなくてその原因(理由)をずばり共有できたらいいなと思っています。

(無意識に)夢を夢と認めないから

夢が見つからないという人の多くの原因はずばり「夢を夢と認めていないから」です。

夢がないんじゃなくて、夢があっても自分の中で(無意識に)夢だと認めないようにキャンセルしています。

実はこれ、本人もそれに気づかない場合が多いと思います。なぜなら無意識に近いからです。

本当は夢もやりたいこともあるんだけれど、それを夢だと認めてしまうと、本当は何も悪いことはおこらないのに、悪いことがおきてしまうようで夢とは認められない。

今やっていることのような、お金がもらえて、人の為になることじゃないと、夢とは言えず、価値がないんじゃないかと思ってしまうこと。

噛み砕いていうとこんな感じでしょうか。

今までそう言った感情や思いを押し殺してきた人はなかなかこれを感じるのは難しいかもしれません。

でもンッ?!っと思った人は悩みの原因がわかって少しは晴れた気分になれると思いますよ。

あなたは「夢ややりたいことがないこと」を悩んでいるのではなくて、本当は夢ややりたいことはあるんだけど「それが夢だと許せなくて」悩んでいるのではないでしょうか。

本当は許可したい、でも何かがそうはさせない。それがなんだかわからなくて苦しんでいるのではないでしょうか?

 

夢を見つけるよりも、夢を許すこと

夢が見つからない悩みの原因が「夢がみつからないこと」から「夢を許せないこと」だと認識を切り替えることができたら、悩みの90%は解決できたようなものだと思います。

あとはどうやって許すかです。

夢を持つのに本当は誰の許可なんていりません。

またどんなに些細なことであっても本人が夢といえば夢になります。

頭ではわかっているけれど、という人はおそらく心にそうはさせない思い込みが存在します。

その思い込みはどうやって作られたのか…それに関してはまた別の機会で書きたいと思います。

それではまた!

関連記事

  1. 今を大切に

    「未来のため」は今を蔑ろにする理由にはならない

  2. 泉

    自分が好きでやりたいことでしか、元気は与え続けられない

  3. 魔法の言葉

    ありのままの自分が好きになる2つの魔法の言葉

  4. 何にもしたくなくなった時にやるべきたったひとつのこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

プロフィール

ペイントアートクリエイター。「人の心に灯火をともす」作品創りに挑戦しています。

アーカイブ

PAGE TOP